2019年03月30日

心の中の娘と共に:(34)

カフェラテ
 セブンイレブンのカフェラテがニュースになっているのを見て、私も飲んでみたいと思っていました。が、これまでコンビニはほとんど利用したことがなかったので、機会がありませんでした。

 私の家から電車で2時間ばかり離れたところで一人住まいをしている、86歳の叔母(父の妹)がおります。私と妹は、いつも叔母のことは気にかけていましたが、都内に裕福な息子夫婦も住んでいるので、今頃は有料の施設に入居しているかも、などと話していました。その叔母から1月初めに電話がありました。いまだに一人暮らしで、「寒いのにこたつも壊れて、冷蔵庫も壊れて……」など話し、最後に「良かった、いくちゃんと話ができて。今日はとてもいい日だった」で終わったのです。私は「うん?私と話したことであんなに喜ぶなんて。おかしい」と胸騒ぎがしました。すぐ妹に連絡し、一週間後の休日には、妹の車で姪とKちゃんも一緒に、掃除道具と米だけを持って、叔母の家に向かいました。
 外で転んで足が痛いので、つかまりながらの日常生活とのことでした。さっそく大掃除をし、部屋に置いたままの壊れた電気製品など、使わなくなった物を片付けました。それから量販店に行ってこたつと照明器具も買いました。息子夫婦は4年も来ていない、とのことでした。

 その後訪れたとき、叔母が動くこともままにならなくなっているのを目にしてから、一週間に一度、食料を届けがてら、叔母の様子を見に行っていました。医者に行ったときに動けなくなり、息子のところに連絡がいったとのことで、息子も顔を出しているとのことです。

 近くにセブンイレブンしか店がないので、叔母の家に行くたびに、買い物に利用していました。ある日、買い物ついでにカフェラテを頼んでみました。紙カップを渡され、自分で淹れるのだそうです。「初めてなので、教えて下さい」と従業員にお願いしたら、コーヒーマシンのところまで出てきて教えてくれました。
 次の週にまた買い物ついでにカフェラテを頼みました。「先日教えてもらったのですが、うろ覚えなので、分からなかったらお願いします」と従業員に言って紙コップをもらい、コーヒーマシンのところにいくと、先客が淹れている最中でした。私がよく見ようと、脇から身を乗り出すと、先客が「カフェラテ?」と聞くので、そうです、と答えました。するとその人は、自分の淹れたばかりのカップにふたをして私に「これをどうぞ」と言い、ふたの開け方まで説明してくれたのです。私は思いがけないことに驚きましたが、その人は「自分のは、すぐ淹れるから」と言い、私のカップをマシンに置き、淹れ始めました。50代ぐらいの男の人で、作業服姿でしたので、お昼の弁当でも買いに来ていたのではないかと思いました。
 私は丁寧にお礼を言ってコンビニから出ました。手に持ったコーヒーの温もりよりも、私の心はとても温かいもので満たされていました。そして、私も見習わなければ、と思いながら、叔母の家に急ぎました。

 後日、この話を娘の友達でクリスチャンの方に話しましたら、「聖書の中に、自分の益をはかって自分の事だけに目を留めず 人の益をはかって他の人のことにも目を留めなさい、という言葉があります。他の人に見習うまでもなく、秋さん(娘バル)のお母さんの人生そのものだと思います」という言葉が返ってきました……。

近況あれこれ
人形遊び
 買い物に行く途中、近くの小さな公園でブランコに乗っていた姪の子供Kちゃんが、私を見つけて「いくちゃーん」と呼びました。そばまで行きベンチに座って、ブランコで遊ぶKちゃんと友達を眺めていました。しばらくするとブランコを降りたKちゃんと友達が、ベンチに置いたそれぞれのリュックから、人形を取り出し、ベンチに並べて遊びはじめました。それを見ていて、集合住宅に住む子供達は、自分の家に友達を呼んで遊ぶということは余りしないのだな、と思いました。近所に遊びに出るのに、リュックで遊び道具を運んできて、友達に会うと、その場が遊び場所になるようです。リュックの中には縄跳び道具、水の入ったボトル、その他にもいろいろ入っているようでした。人形遊びなどは家の中でするもの、と思い込んでいた私には、新鮮な驚きでした。

                   
(2019年3月30日)

posted by ジャン吉 at 21:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする