2019年05月11日

心の中の娘と共に:(37)

令和元年初日
 令和元年初日。朝7時目覚ましで目覚め、布団の上でヨガ。起きてから朝食の「黒五」(野生種の黒色穀物 黒米・黒大豆・黒胡椒・松の実・黒加倫のペプチド粉末)を湯で溶き、カップ1杯飲む。それから今日、86歳で介護の援助を受けている、ひとり住まいの叔母の家に持っていくものの準備をする。
 炊きあがったばかりのご飯を、叔母と私の昼食用に弁当箱に詰め、牛丼の具と紅ショウガをのせる。残りのご飯をおにぎりにする。それから卵をゆで、昨夜から煮干しを浸けておいた鍋で味噌汁を作る。具は、岩手の実家から移植したニラと、ジャガイモと三之助豆腐。出来上がった味噌汁は、スープジャーボトルに入れる。それからベランダのセリを摘み、ゆでて、からし和えにする。
 その他、今日持参のリストです。叔母の好きなものばかりです。

 @ 牛丼 2個 昼食用  (和牛、胚芽米 無農薬) 
  おにぎり 3個 (胚芽米 無農薬) 
  味噌汁 (岩手の実家のニラ・三之助豆腐・じゃがいも)1椀分
  ぬか漬け 自家製(有機野菜のキュウリ・カブ・ニンジン)
 A セリのからし和え  (ベランダの鉢植え)  
 B ブロッコリーのくるみ和え    (有機野菜)
 C 焼き芋 1本 (紅はるか)
 D タケノコのシュウマイ 1パック  (らでぃっしゅぼーや)
 E きんときまめ(煮豆)   (らでぃっしゅぼーや)
 F ミニトマトアイコ(島原産)  1パック  (有機野菜)
 G 春キャベツ 二分の一個  (有機野菜)
 H ゆで卵 4個  (平飼い卵)
 I 果物  いちご  1パック(有機栽培)  
 J お菓子   大福 2個  くるみゆべし 1個

 叔母の家まで、電車で片道2時間。文庫本1冊読み切る時間です。今日の車内はいつもとかわらない様子で、席も空いていましたので、読書に専念。
 叔母の家に入ると、正座している姿が見えました。2週間前には、ベッドで半身を起こすのがやっとでしたが、今はトイレまで歩けるようになったそうです。一緒にお昼を食べるときには、私にお茶も淹れてくれました。2月から身動きもままならなくて、「死ぬかと思った」と言った叔母が、ここまで回復したことを、私はとても嬉しく思いました。持参した春キャベツを刻みながら、「包丁が切れない」と私が言うと、「そう言われると思っていた」と返して笑った叔母。その笑顔は、私が令和元年に頂いた、最初の貴重な贈り物だと思いました。
 4時間ばかり話をし、叔母の家を出ました。電車の駅まで歩きながら、私は思いました、決めました。「平成」のほとんどは娘バルとともに過ごし、見送りました。「令和」は、つまり、私に残された日々は、最近外国人に日本語を教える、ボランティア活動に参加したことも含めて、叔母をはじめ、誰かのために何かできることがあれば、そのために生きよう……と。
(2019年5月11日)


posted by ジャン吉 at 08:43| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする