2019年08月11日

心の中の娘と共に:(43)

4年ぶりの花火
 8月3日、今年もちかくの荒川で「花火大会」が行われました。
 娘と暮らすようになってから亡くなる前年まで、ずうっと二人で、ときには友人を交え、花火を楽しんできました。住んでいる部屋が13階で、ベランダに出ると、目の前に花火が見えました。音も大きくて、建物全体が揺れるような気がました。花火の日の夕食は決まって焼きそばとビールでした。早めに用意して、食べながら「ドカーン」とくるのを待っていました。その後、今住んでいる8階の部屋に移りましたが、こちらに住んでからも、娘の部屋の窓から花火は見えました。
 2016年の、荒川の「花火大会」は、娘が入院していましたし、私も病室に泊まりこんでいましたので、見ることができませんでした。それでも、病院から両国の花火が見えるかもしれないと思いたち、花火の当日の昼家に戻り、焼きそばを作って病院に戻りました。結局両国の花火は方角違いで、見ることはできませんでしたが、娘は少し焼きそばを食べて、花火の日の雰囲気を味わってくれました。
 ある日、隅田川の見える病室から、遠くのほうで打ち上げられている花火が見えました。音は聞こえませんでした。それを眺めながら、誰の歌だったか覚えていませんが「音なく開く 遠き花火は」という言葉を思い出していました。
8月3日というと、思い出すのが歌人中城ふみ子です。64年前のこの日、中城ふみ子は札幌の病院で亡くなりました。31歳8か月の人生でした。
 渡辺淳一著「冬の花火」という中城ふみ子を描いた小説があります。40年ほど前に購入したものですが、あらためて読んでみて、やはり、この主人公に心惹かれるものがありました。
 娘バルを同じ「乳がん」で亡くした私には、中城ふみ子の入院から死に至るまでの心と体の痛みの日々が、娘との日々に重なって、以前読んだときよりも、はるかに中城ふみ子に近づいた感じがしました。彼女の歌も、より理解できたような気がしました。
花火にちなんで中城ふみ子の歌一首
  音たかく夜空に花火うち開きわれは隈なく奪はれてゐる
 歌の意味にはここでは触れませんが、中城ふみ子の短くも激しい生き様を感じ取れる一首だと思います。ちなみに、最近の人の解釈に、「花火にすっかり心を奪われた様子を歌っています」とありましたが、それを目にした私は、作者が言いたいことを、読者がきちんと読み取ることの難しさを垣間見た気がしました。

 娘が亡くなってからの、2017年、2018年は、例年どおり花火の音がしても、私は無視するようにして、泣きながら花火が終わるまでを耐えていました。何年にもわたって、娘と楽しんだ花火が、一人になってからはこんなにもむなしいものに変わるとは、思いもかけないことでした。
 今年は、花火が始まってからしばらくは、パソコンで遊んでいましたが、ふと娘も見たがっているかもしれない、と思い立って、娘の部屋に入って窓を開け、娘の遺影と一緒に4年ぶりの花火を見物しました……。
                      
                       
(2019年8月11日)
                     

posted by ジャン吉 at 09:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする