2019年10月18日

心の中の娘と共に:(47)

娘バルの三度めの祥月命日を迎えて
 親しい友達のMさんと、何年も、月に一回の「一杯」を楽しんでいます。最近は、文京区の蕎麦屋で一杯なのですが、二人ともそばが大好きですので、店の座席に落ち着くとすぐに、二時間ぐらい後の〆に食べるそばを、何にしようかと悩みます。昼食べるときには、私は、冬は温かいきつねそば、夏はもりか冷しきつねに決まっているのですが、夜、飲んだ後に食べるそばにはちょっと悩みます。
 この夜は、夏の終わりともあって、次回の「一杯」にはメニューから消えている夏バージョンの「きのことおろしのぶっかけ」を食べることにしました。二人とも同じそばを頼むことはまれですが、そんなわけで、この夜は同じでした。
 飲みながらのいろいろな話の中で、Mさんは、意外に真面目な顔つきになって、「職場で気がついたのだけど、友達のいない人が結構いるのよね。友達がいないなんて私には考えられない。」と言いました。彼女は今の職場に勤めてから二年目です。これまで仕事を覚えることに集中していたのですが、最近は落ち着いて、同僚の日常なども少しずつ見えてきたようです。
 「私の周りにも、友達のいない人がいます。幸せとは愛と友情が人生にあること、という言葉があります。誰が言ったかは覚えていないけど、私もそう思います」。そう言いながら、私は娘バルのことを思い浮かべていました……。

 私にとって娘バルは愛する者でしたが、同時に友達のような存在でもありました。
 バルと暮らし始めてから、周りの人達に、「あなたは(性格が)丸くなった」とよく言われました。そんなにつっぱって生きていたわけではありませんが、根が真面目と自他ともに認める存在だった私は、周りの人達にとってはつっぱっているように見えたのかもしれません。ちなみに、ネットで検索してみますと、根が真面目とは「優しい、何事にも手を抜かない、面倒見がいい、完ぺき主義、素直、頑固……」などとありました。
 出会った最初の頃、バルから「お母さんは目が怖い。でも、怖い人ではない」と言われました。やはり、私はそのような印象を、周りに与えていたのでしょうか。
 バルとの生活は、親子としての面と、友達としての面との両方があったと思います。私に無いもの、欠けているものをたくさん持っているバルの存在によって、私の心にはそれまでの人生になかったものが生まれ、育ってきたのだと思います。その結果が、周囲の人に「丸くなった」と思われたのでしょう。娘の乳がんの転移から亡くなるまでの5年ぐらいを、「大切な日々」としてブログに書きましたが、バルと生活を共にした27年間すべてが、私にとっては大切な日々であったと、今は心から思っています。
 バルの死によって、私は幸せの要ともいえる「愛と友情」の両方を失ってしまいました。私の幸せは消えたかのように思われました……。

 勤めていた頃、店を閉めるまで通った文京区本郷の「金寿司」の主人に、「あんたは友達が多いね」と言われたものです。歳を重ねるにつれ、友達も限られてきてはいますが、その限られた友達の存在で、私はかろうじて、娘バルのいない日々に耐えることができているのだと思うようになりました。最近読んだ小説の中に「人の幸せは、他人との出合いで決まるのかもしれない」ということが書いてありました。私のこれまでの人生を振り返ってみますと、確かに人との出会いで人生の節目を繋いできたように思われます。
 娘が亡くなってからは、娘の親しかった友人知人も私に声をかけて下さいます。今日の祥月命日にも、カンツオーネの会の友達が来宅、娘の遺影を前に、ひと時を過ごしました。花を送って下さった友達。美味しいお酒を送って下さった方。娘バルを思い出して下さいまして、ありがとうございます。そして、私にまでお気遣い下さいましてありがとうございます。

 バル、ありがとう。あなたのいない日々は悲しくて、生きることさえ虚しいと思うこともあったけど、毎日「心の中の娘バル」と話し、私の友達やあなたの友達と、あなたの思い出を語ることで、悲しみや寂しさを紛らわすことができるようになりました。
 ママエに残されたこれからの日々も、「心の中の娘バル」と共に過ごしていきたい。心の中にあなたがいる限り、いつもあなたへの感謝と、生かされていることへの感謝の気持ちを持ち続けていきたい。あなたは私の人生で唯一無二の存在です。
(2019年10月18日)
posted by ジャン吉 at 19:22| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする