2019年12月17日

心の中の娘と共に:(50)

茶会
 私がボランティアとして参加している、外国人との交流団体「地球家族」の主催で、茶会が開かれました。講師は国際交流機関から紹介していただいた表千家の方です。そして、お客様は「地球家族」で日本語を学んでいる外国人学習者で、当日参加可能な10人ほどです。 
 私は、世話役として早めに家を出ました。家を出がけに、ふと思い立って、娘の遺品の抹茶茶わんを持参しました。三年前に亡くなった娘バルにも、茶会の雰囲気を味わってもらおうと思ったのです。
 会場は、わが家から歩いて10分ほどのところにある、区の集会所の和室でした。62畳の広い和室で、普段手入れをしないのか、障子の至るところが破れていたのには、驚きました。何とか2枚だけ破れていない障子を入れ替えて確保しました。その障子の前の一角に、講師の方が持参してきた風炉先屏風(ふろさきびょうぶ)を置きましたら、それだけでも、なんとなく茶室の雰囲気が感じられました。そこに風炉を置き、茶釜をのせ、水差しや柄杓などの道具を置きましたら、だだっ広い和室の一角が、茶室に生まれ変わりました。

 茶釜を目にしたときには、岩手県大船渡の生家のいろりで、いつも湯を絶やさなかった茶釜を思い浮かべていました。そういえば、確か「鉄瓶」ではなくて単に「かま」と言っていたような気がします。来客の多い家でしたから、いろりに火がある限り、釜から湯煙りが上がっていました。沸いてくると音がするので、家人の誰かがふたを少しずらして、お湯が吹きこぼれないように気をつけてもいました。懐かしい……。そんな思いでの詰まったわが家も2011年の災害で失われてしまいました。東京のわが家では、いつの日かの帰省時に、新幹線の水沢駅の売店で買い求めた、南部鉄の小さな急須でお茶を入れています。

 外国人へのお点前が終わった後に、世話役のボランティアの人たちにも点てて下さるということになり、思いがけず一服頂くことになりました。若い頃に、一通りの作法は教えて頂いたことがあったのですが、すっかり忘れてしまい、他の方の作法を見ながら、娘の抹茶茶わんで頂ました。
 そのときに、講師の方が、娘の茶わんの色絵を「京都の高台寺の紋です」と教えて下さいました。
 私の娘はブラジルからの留学生でした。ホームステイ先は姫路の篤志家の方でしたが、奥様が京都の人ということもあって、来日直後は京都には何度か連れて行ってもらったようです。
 その後、娘は関西から東京に移り、縁あって私の娘となり27年暮らして三年前に病で亡くなりました。娘がわが家に引っ越してきたときに持参した僅かな荷物の中に、この抹茶茶わんがありました。娘はこの茶わんのことには一度も触れたことがなかったので、ホームステイ先でお茶のお稽古に通ったそうですから、そのときに使ったものだと思っていました……。
 今回の茶会で思いもかけず、京都の高台寺の紋と分かり、思い出したことがありました。関西での細かい話はほとんど口にしない娘でしたが、珍しく「お寺の中は冷たくて、あまり好きではなかった。お茶(抹茶)も美味しいと思わなかった」と、言ったことがありました。娘はきっと高台寺に連れて行ってもらっていたのですね。そこで茶会が開かれているそうですから、その茶会に参加したのかもしれません。そして連れて行って下さった方がこの茶わんを求めて娘にプレゼントして下さったのでしょう。
 娘の抹茶茶わん「高台寺 在銘鳴滝 菊紋 桐紋 五七桐 京焼」は、わが家で三十年過ごしてから、やっとその来歴がわかりました。今回の茶会は、外国人学習者のための催しでしたが、娘の茶わんのことが分かったことで、私にとっても有意義な茶会となりました。
              
(2019年12月17日)

 
posted by ジャン吉 at 10:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする