2020年02月15日

心の中の娘と共に:(53)

畑の野菜
 甥の嫁の実家から、自家栽培のネギと大根とブロッコリーとキャベツ、手作りの味噌を頂きました。
 ネギは、全長が90pもあり、その長さにびっくりしました。わが家では、年中、昼食は麺類なので、薬味としてのネギは必需品で、冷蔵庫に無い日はありません。「らでぃっしゅぼーや(有機野菜の会)」から届くネギは70pぐらいですが、それでも冷蔵庫に保存するときには葉の部分を折るか少し切り取ってからにしています。90pの長さになると、葉と白い根の部分を分けて保存しようか、とも思いましたが、しばらくは新聞紙にくるんで、ベランダに置いてみることにしました。「しばらくは、」とは言っても、ネギ好きの 私のことですから、頭の中では「今夜はネギ焼きで、田楽みそで食べてみよう」などと思っているのですから、あっという間に無くなることは必定です。
 大根は、やはり田楽にしようと、蒸したところです。私は、野菜は茹でないで、蒸します。茹でるよりは栄養も逃げないそうですし、野菜全体が均等に柔らかくなりますので、食べやすさもあります。大根は、田楽用に1本を六つに切り、皮をむき、蒸し鍋に並べて火にかけますと、10分で柔らかくなりました。近日中に来客の予定があるので、酒の肴の一品に。青々とした大根の葉は細かく刻んで、ジャコと一緒にゴマ油で炒め、だし汁と醤油で味付けしました。これは今夜の副菜の一品です。
 キャベツは、週2回は昼食に食べる焼きそばの具に。
 ブロッコリーは洗ってから薄い塩水にさあっと通したあと、3分ぐらい蒸して出来上がり。水で冷やさないで、この時期はざるに取って外気で冷まします。色も鮮やかなままです。ひと房味見しましたら、美味しいので、ソース無しで食べられそうです。普段、らでぃっしゅぼーや(有機野菜の会)から購入しているブロッコリー、カリフラワー ニンジンなどは、蒸してサラダとして食べますが、素材の味そのままを生かすために、ソースはレモン汁とオリーブオイルを用いるぐらいです。
 余談ですが、最近見た目薬の会社のパンフレットに、目に良い野菜(ビタミンA含有)として、ブロッコリー、ほうれん草、ニンジンが載っていました。私が毎日のように食べている野菜なので、驚きました。目の弱い私の本能の成せる業とでもいうのでしょうか。
 大根の切れ端は、妹が近所の豆腐屋さんから買ってきてくれる油揚げと一緒に、今夜の味噌汁の具です。昨年11月に故郷大船渡に法事のために出かけた妹が、地元産の煮干しを買ってきてくれました。この煮干しは8cmぐらいの大きさの片口いわしです。だしをとるときには、頭と尾を取り除いてからふたつに割って、中の黒い内臓の部分を取り出します。この内臓が残っていると、だしに苦味が出て私の好みではないのです。
 味噌汁には信州味噌(らでぃっしゅぼーや)を使っているのですが、今回は頂いた手作りの味噌を使ってみました。いつもと同じ量では、少し甘い感じがしましたが、煮干しにも合うし、信州味噌と混ぜても美味しいと思いました。その残りが覚めたまま鍋に残っていたので一口すすってみました。これがとても美味しかったので、思わず飲み干してしまいました。覚めても美味しい味噌汁には、なかなかお目にかかれません。夏には冷や汁としても楽しめそうです。

 私が育った生家では、米も野菜も、味噌も自家製でした。生家を離れてから60年近く時は過ぎ、この30年は、らでぃっしゅぼーや(有機野菜の会)から届く土付きのねぎやニンジンなどに、少しばかり畑気分を味わってはいました。
 故郷の冬の畑には、ほうれん草の他には野菜の姿はなく、秋に収穫した大根を貯蔵しておく土の室が、こんもりと盛り上がっていて、その上に雪が積もると、子供達の小さなすべり台になっていました。ほうれん草も今のほうれん草とは異なって、茎がほとんど無く、縮んだ葉だけが凍った土に張り付くように育っていました……。
 今回自家栽培の野菜を頂いたことで、私の心は、いつしか今は無き生家の田んぼや畑に飛んでいました。
               
(2020年2月15日)
posted by ジャン吉 at 11:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする