2020年03月04日

心の中の娘と共に:(54)

日本語教師ボランティア
 昨年4月からボランティア団体に参加させて頂き、外国人に日本語を教えています。間もなく一年、これまでを振り返り、気づいたことをまとめてみました。
 ボランティアの活動は一週一回です。ここではマンツーマンで、一人の学習者に一人のボランティアが相手をしています。最初の2回は、他のボランティアの活動を見学しました。見学の2回日、他のボランティアの人の脇で見学していましたら、この教室のことを知って尋ねて来た外国人と、主催者の話し声が聞こえてきました。言葉で、その外国人が中国の若い女性だと分かりました。私は主催者に近づいて、「私にやらせて頂けませんか」と言いました。主催者はちょっと躊躇してから、「やってみますか」との返事。
 そして翌週から私は中国人の女性学習者に、日本語を教えることになったのです。学習者は、来日前に一通り日本語を勉強したとのことです。でも、五十音は読むことができても、話してみて、ほとんど会話はできないことがわかりました。ここから私の「大変さ」が始まりました。日本語で教えることができないとしたら、経験のない私には、絵を使って教えるか、中国語併用で教えるかぐらいしか思いつきません。

 後で分かったことですが、このボランティア団体は、「日本語を通じて文化交流を深めること」を目的としており、「日本語教室」と、「国際交流」活動をしているとのことです。でも、初心者は対象外で、ある程度日本語が話せる人を対象に、ボランティアと学習者の双方が話題を提供し、対話を通して、学習者の日本語の上達を図っていくといったやり方のようです。最初「私にやらせて頂けませんか」と言ったときに、主催者がちょっと躊躇したのは、学習者が初心者だったからかもしれないと、自分の早とちりに悔やんでもいるのです。
 最近は初心者も受け入れているようですが、ともあれ、やり始めたことです。毎週2時間の授業を有効にするためには、予習をまる一日はしないと間に合いません。予習のほとんどが、中国語での言い方や、単語を調べるための辞書との格闘です。
 主催者から、文法(主に活用)も教えて下さい、と言われ、区から頂いた日本語の教科書も使っています。2時間の授業を、最初の頃は以下のようにしていました。
 15分会話:挨拶文やカレンダーなど、用意した教材を見ながら簡単な会話。
 15分は単語:用意した単語表(中国語併記)で何度も声にだして読ませる
 30分は小1の国語の教科書:コピーを渡し音読してもらう。意味の説明(中国語併記)
 60分は日本語教科書:毎回1課をやる。音読、説明(中国語併記)文法。

 思考錯誤を重ねて6ヶ月を過ぎると、学習者は少しずつ「会話」が増えてきました。
 9月からは、原稿用紙の使い方と作文の書き方を教え、毎週家で作文を書いてきてもらっています。これを添削しながら進める授業も、学習者にとっては楽しいようですし、私にとっては学習者の日常の様子や考え方も知ることができるので、作文を始めて良かったと思っています。
 その後、日本語能力試験を受けたいので指導して欲しいと言われ、驚きました。私は「まだ無理だと思うけど……」と言ったのですが、彼女は既に3冊も問題集を購入していて、私に見せてくれました。それも、N1〜N5の5段階のレベルのうちのN3を受けたいとのことです。学習者の現在の日本語能力はN5(基本的な日本語をある程度理解することができる)程度ですから、N5ならなんとかなるかな、とは思うのですが、N3では、これから試験の日まで、問題集をやれるところまでやって、その結果4割できればいいかな、と思いました。とにかく問題集をやることにしました。と同時に、学習内容も変更しました。
 30分:作文(読んでもらい、説明しながら添削と校正をする。宿題として自宅で清書する)
 30分:『言葉と文:小学3年生(小学生のドリルシリーズ)』
 30分:『言葉と文:小学4年生』
    ( 同じ品詞の説明でも、3年生では「動きを表す言葉」、4年生では「動詞」なので、併用することでより深く理解してもらうこと     ができる)
 30分:日本語能力試験問題集

 学習者の懸命さに、日本語教師経験ゼロの私のほうも何もしないというわけではありません。7月には板橋区の日本語教師の一日セミナーを受けました。40年も日本語を教えているというベテラン講師の話を聞いて、私もやる気になりました。また、8月には新宿区のセミナーも受講、16年ぶりに朝の混みあう通勤電車で早稲田まで通いました。11月には、外部から講師を招いての、私の所属しているボランティア団体主催のセミナーもありました。これからも学ばなければならないことがたくさんあります。今更ながら「教えることは学ぶことである」を実感しています。
 1月からは、近くの大学が地域住民のために開いている教室で、週一回、中国語の会話にも参加。
  今日で77歳。新しいことへの挑戦、いつまで続くか
(2020年3月4日)


posted by ジャン吉 at 12:03| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする