2018年12月29日

心の中の娘と共に:(29)

常備薬
 私が子供の頃には、医者にかかることはめったにありませんでした。
 富山の薬屋さんの、置き薬が常備薬で、医者替わりの役目を負っていたようです。毎年、柳行李に詰まった薬を大きな風呂敷で背負ってきて、各家の専用の薬箱に、胃薬や風邪薬、傷薬など、使った分だけ補充していきます。私達子供にとっては薬屋さんが子供に配る小さな紙の風船が楽しみでしたが、大人にとっては一年分の支払いがあるので大変だったと思います。現金収入の少ないわが家では、なるべくこの薬を使わないように、お金のかからない常備薬を工夫していました。

 山のふもとにある畑のほとりに、毎年数本のけしの花が咲いていました。花のあとは卵ぐらいの大きさの丸い果実になり、その果実が枯れてきた頃、茎ごと折ってきて、家の日の当たらない縁側の奥にぶら下げておいたものです。果実の中には種子がたくさん入っていて、振ってみるとカサカサと音がしました。この種子は、いわばわが家の常備薬のようなもので、私達子供がなんとなく体の具合が悪いときなどに食べさせられたように記憶しています。
常備薬にはもう一つあり、こちらは祖父が捕まえてきたマムシを、しばらくは水をいれた瓶の中に入れておいて不要物を吐かせてから、焼酎の瓶の中に入れて座敷の奥の一角にぶら下げてありました、やはりお腹を壊したときなどに飲ませられたものです。同じ「薬」でも、けしの種子は美味しくて私は好きでしたが、マムシの方は嫌だなあ、と思ったものです。

 小中学校の遠足は、春は海、秋は山に決まっていました。とくに、中学生になって比較的高い山に登るようになってから、祖父から頼まれたことがありました。高い山の頂上付近には木が無く、大抵原っぱでした。その原っぱの丈の低い植物の中から「トウヤク」と呼んでいた植物を採ってくるように、と頼まれたのです。「トウヤク」は、乾燥させて常備しておき、煎じて飲まされた記憶があります。とても苦いものでした。最近ネットで調べて、「当薬」は和名でセンブリのことだと知りました。
 そのほかにも、庭の片隅にはドクダミ、井戸の中には赤っぽい茎の貴人草などもありました。ドクダミの若葉はてんぷらにもできますし、乾燥させて煎じると、便秘によく効きました。また、お風呂に入れると体の吹き出物が直りました。貴人草はできもの、とくに鼻の具合が悪いときに、火にあぶって柔らかくしてから患部に貼った記憶があります。
 庭のイチジクの木の葉をもぎ取ると、白い樹液が出るのですが、その樹液を毎日「いぼ」に塗って、十日ぐらいで消えたこともありました。
 植物に詳しかった祖父が、山から採取してきて、庭に植えた薬草も何種類かあったのですが、名前も効能も今は覚えていません。

 最近来宅するたびに妹が、咳をしているので、「医者に行けば?」と私が言うと、ほぼ一年近く咳は続いていて、医者の薬を何度かもらって服用しても治らないというのです。私はすぐネットで調べてみました。すると、「生しぼりどくだみ青汁酒・十黒梅」という咳止めの健康食品が見つかりました。その場で注文し、翌日届いて飲んだら即効。以後、咳の常備薬にしているそうです。
 医者や薬に頼るのが当たり前の世の中ですが、それで改善しないときに、風邪など軽いものなどには、昔ながらの療法を試みるのも、一つの方法かと思いました。
 最近の「常備薬」は、健康食品が担っているのかもしれない、とふと思いました。

近況あれこれ
 今年も終わりですね。娘が亡くなってから二年過ぎました。娘のカンツオーネの会の仲間や、クリスチャンの友達が毎月訪れて、娘の思い出話をしてくれます。明日はヨガの友達、大晦日は私の友人来宅、心の中の娘と共に、新年を迎えます。
                    
(2018年12月29日)
posted by ジャン吉 at 14:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: