2019年05月25日

心の中の娘と共に:(38)

 セリ
 お正月にスーパーから買った一束のセリが、今わが家のベランダで育っています。
 お雑煮に使おうとして買い求めたセリですが、使った後の根の付いた部分を捨てがたくて、鉢に植えました。そして5月まで、15pぐらいまで成長したセリを数回摘んで食べました。量も、買ったときとほぼ同じぐらいあります。

 私が故郷大船渡で馴染んでいたセリは、スーパーのセリのように縦に伸びたものとは異なります。茎の長いのを「水ゼリ」というそうですが、私の故郷ではセリというと茎の短いものがほとんどでした。
 稲刈りの終わった田んぼは、水の無いまま、翌年新しい苗を植えるまではお休みしています。春も早い時期に、その田んぼやくろ(田と田の仕切り)などに、毎年セリが生えてきます。赤っぽい茎は短く、地面にしっかり張り付いたように生えていますので、セリ摘みは、包丁で根をこそぎ取るように切離していました。田んぼのそばの堰や小さな沼の中には茎の長いセリも見受けられましたが、それほど多くはなく、水の冷たい季節でもあり、水の中のセリまでは摘まなかったように思います。
 セリ摘みは子供の仕事でした。学校から帰ると、近所の仲良し2、3人で誘い合って出かけます。人数が多いと競争が激しくなるので、3人ぐらいまでです。手籠(てかご)と包丁を持って、その日の摘む場所を話しながら決めていきます。田んぼの周りには、どこにでもセリが生えているので、どの方向へ行っても収穫できます。
 摘んだセリを家に持ち帰ると、まずは茎の古いところや、他の植物の葉などのごみを取り除きます。それから水に放し汚れを落とします。母はいつも茹でておひたしにするか、味噌汁に入れていました。赤っぽい茎や葉が緑に変わる瞬間が好きで、私はいつも母のそばで見ていました……。

 ベランダ育ちのセリは、からし和えにして食べようか、それとも味噌汁の具にしようか、と最初はあれこれ思いを楽しんだのですが、叔母の家にはからし和え、自分には二度も収穫しながら、味噌汁だけで終わってしまいました。
それにしても、一年中何度も摘むことができるセリなんて、不思議ですね。季節感がまるっきり失われてしまって、何度も何度も、私の餌食になる運命を背負ってしまったことに、セリといえども、同情してしまいます。

近況あれこれ
母の日
 娘バルが亡くなったのは2016年の10月です。この年の母の日にも、例年どおり、プレゼントのバラの花をもらいました。
 そのときに娘からもらったバラの花は、枯れたまま、まだ玄関に飾ってあります。それを、母の日が近づくと、娘の遺影のそばに移し、カードと共におきます。カードには「ママエへ 今日は母の日!おめでとうございます!いつも色々とお世話になりっぱなしで 本当にありがとう。バル」と書かれています。読んでいると、娘がそばにいるかのような錯覚に陥ります。
 今年の母の日が近づいたある日、看護師の茜ちゃんが旦那様と訪れ、たくさんの深紅のバラを「お母さんに」と、下さいました。彼女は、娘が入院していた時に、私と交替で何度も病室に泊まって、娘を見守ってくれた人です。さっそく大きな花器にバラを活け、遺影の前に置きました。3年前にバルからもらったバラと、今年茜ちゃんからもらったバラが並んでいます……。

 三年前の5月25日、ブログを更新し「お茶でも飲もうか」と、娘に言ったら「お母さん、熱があるみたい」と娘。そして眠れぬまま一夜を明かした娘は翌日入院。10月には、娘は帰らぬ人となりました。
 三年前と同じように「バル、お茶でも飲もうか」と、遺影に呼びかけてみました。
                       
(2019年5月25日)
posted by ジャン吉 at 16:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: