2019年06月22日

心の中の娘と共に:(40)

本の書き込み
 昨年読んだ本は308冊。そのうち自分で購入したのが43冊で、残りの255冊は近所の図書館から借りたものです。
 図書館から借りた本は、ほとんどシリーズものですが、汚れが多いことには驚きます。しみ、水濡れ、書き込み、一部切り取りまでありました。
 書き込みで目につくのは、標題紙のところです。本を開いて最初に目につく題名の書いてあるところですが、そこに〇や×印、レ点などが、赤や青のボールペンでしっかり書き込んであるのです。最初この書き込みを目にしたときには、信じられない思いがしました。自分の好きな本を借りて読むのですから、大切な借り物に、消せない書き込みをするなんて、私には考えられないことです。
 いろいろ推測した結果、図書館の利用者は、比較的年配の人が多いことに関係があるのではないか、と言う考えにたどりつきました。私も年配利用者の一人です。その私は、図書館を利用するたびに記録する、小さなノートを持っています。そこには、借りた冊数、作家ごとの何を読んだか、が記録されています。何よりも年を重ねるごとに忘れやすくなって、いちいち読んだかどうか、覚えていないことも多いので、読んだものをまた借りたりすることを避けるためにも、記録は、何年も続けている習慣です。
 書き込みは、年配者が、自分が読んだか読まないかを識別するために、シリーズものなどに付けているのだと思いました。それにしても、図書館の本に書き込むなど言語道断。
 その後、図書館で「本が泣いています」という小さな展示を目にしました。そこに並べられていた本は、破れ、水よれ、切り取り等々。私の目にも本が泣いているように見えました。
 雑誌コーナーに行きますと、書架に「切り取り多数のため 購入中止」という表示が出ているところが二か所。月400円ぐらいの月刊誌を、自分で購入しないで、図書館で切り取って済ませるということは、経済的な理由ではなさそうです。個人の育った環境からの、マナーに対する何かが欠けているとでもいうのでしょうか。
 本を泣かせないためには、どうしたらいいのでしょうか。利用者のマナーの向上しかないとしたら、個人の育った環境、教養や品格に委ねられなければ解決しないとしたら、これはもう、なかなか「本の笑顔」にお目にかかるのは難しいかもしれません。せめて、子供のときから本の大切さを教えていくという、地道な努力が、考えられる最良の道かもしれませんね。

近況あれこれ
Kちゃんからバルへの手紙
 18日は娘バルの32回目の月命日でした。近所に住んでいる姪とその子供Kちゃんが、それぞれ花をもってきてくれました。Kちゃんも今では小学校三年生。「バルちゃんの月命日でしょう」と、覚えてくれていました。そして娘の遺影の前に「バルちゃん元気?天国でもがんばって。こっちは元気だから。Kより」という手紙を置いていきました。これを読んで、私は感動しました。実は進級してから、ずうっとKちゃんは元気ではなかったのです。心痛めることが続いていたのです。それなのに、自分のことは心の中に隠したまま、娘バルには「元気だから」と言っているのです。このことについては、いずれブログで取り上げたいと思っていますが、今はまだ経過を見ているところです。
 Kちゃん、ありがとう。バルも天国からKちゃんのことをいつも見ていますよ。
(2019年6月22日/次回更新7月6日)
posted by ジャン吉 at 12:27| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Kちゃんは凄い、尊敬します。自分の子供時代を考えると、自分はボーっとしていました。何も考えていなかった。もし、やり直しができるなら「子供時代」をなんとかしたいと思います。
本に書き込み、私もします。読み始めた日と終わった日、ちょっとした感想を書きます。勿論、自分で買った本です。
Posted by みやうち at 2019年07月21日 15:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: