2019年11月02日

心の中の娘と共に:(48)

秋刀魚の歌
 私のふるさとは岩手県の大船渡です。母が生きているときには、毎年秋になるとサンマが届きました。実家の向いの魚屋に頼んでおいて、魚市場に上がったばかりのサンマの氷詰めを、送ってもらっていました。20匹ぐらいは入っていたので、近所にも配っていました。ピカピカに光ったサンマはその名の通り、刀を想像できるものでした。東京ではめったに目にすることのできないサンマの姿です。
 2011年に母が亡くなってからは、美味しいサンマを食べることができなくなりました。ところが、震災後、数年経ってから、東京で大船渡のサンマを食べる機会ができたのです。それは、防災のイベントとして、被災地大船渡のサンマを、炭火で焼いて無料で食べてもらうというものです。会場は二か所で、両国の公園では700匹、東京タワーでは3000匹を焼いて食べてもらうのだそうです。毎年、妹がボランティアで参加しており、私にも持ってきてくれます。幼い頃から馴染んだサンマの味です。今年も妹から3匹もらったので、2匹は自分で食べ、1匹は近所の知人に食べてもらいました。美味しかった、と笑顔のお礼が届きました。

 サンマといえば、佐藤春夫の「秋刀魚の歌」を思い浮かべる人が多いと思います。
  さんま、さんま 
  さんま苦いか塩っぱいか。

この部分は大抵の人が知っています。私は、中高校の教科書に載っていた詩は、ほとんど覚えているのですが、なぜかこの詩は載っていなくて、私も全文を知らなかったのです。こんなに有名なのに、どうして教科書に載っていなかったのだろうと思っていましたが、今回全文を読んで納得しました。人の妻に恋した切ない思いを詠っているのです。中学校や高校の教科書に載せることは難しいだろう、と思いました。
 全文を読んでみて、とにかく覚えようと思い、毎日散歩のときに少しずつ暗記しているのですが、これが、なかなか覚えられない。「さんま苦いか塩っぱいか」の部分は最後尾ですが、とにかくその部分だけは最初に覚えました。そして、半月かけて、やっと、なんとか全文を覚えられましたが、なんという切ない気持ちの伝わってくる詩なのでしょう。毎日毎日暗唱するごとに、切ない思いが強く訴えかけてくるのです。

 2016年6月26日に娘バルが入院しました。翌日の27日から私は友人と関西方面に旅行に出かける予定でした。一時は中止も考えましたが、「入院できたから、お母さんは楽しんできて」と娘が言うので、その言葉に甘んじて出かけることにしました。そのときの旅行先の一つが和歌山県の新宮市で、「佐藤春夫記念館」でした。記念館で、録音されていた佐藤春夫の、生前の声を聞くことができました。「秋刀魚の歌」はこの新宮で作られたのですね。夜、新宮の町の寿司屋で夕食をとりながら、入院中の娘にメールをし、返事をもらったことが、鮮明に思い出されます。

  あはれ
  秋風よ
  情〔こころ〕あらば伝へてよ
  ――男ありて
  今日の夕餉〔ゆふげ〕に ひとり
  さんまを食〔くら〕ひて
  思ひにふける と。

  さんま、さんま
  そが上に青き蜜柑の酸〔す〕をしたたらせて
  さんまを食ふはその男がふる里のならひなり。
  そのならひをあやしみてなつかしみて女は
  いくたびか青き蜜柑をもぎて夕餉にむかひけむ。
  あはれ、人に捨てられんとする人妻と
  妻にそむかれたる男と食卓にむかへば、
  愛うすき父を持ちし女の児〔こ〕は
  小さき箸〔はし〕をあやつりなやみつつ
  父ならぬ男にさんまの腸〔はら〕をくれむと言ふにあらずや。

  あはれ
  秋風よ
  汝〔なれ〕こそは見つらめ
  世のつねならぬかの団欒〔まどゐ〕を。
  いかに
  秋風よ
  いとせめて
  証〔あかし〕せよ かの一ときの団欒ゆめに非〔あら〕ずと。

  あはれ
  秋風よ
  情あらば伝へてよ、
  夫を失はざりし妻と
  父を失はざりし幼児〔おさなご〕とに伝へてよ
  ――男ありて
  今日の夕餉に ひとり
  さんまを食ひて
  涙をながす と。

  さんま、さんま
  さんま苦いか塩つぱいか。
  そが上に熱き涙をしたたらせて
  さんまを食ふはいづこの里のならひぞや。
  あはれ
  げにそは問はまほしくをかし。
                      
(2019年11月2日)
posted by ジャン吉 at 09:52| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「秋刀魚の歌」はユーモア溢れる詩かと思っていたのですが、全文を読んで、「苦い」味を知りました。この歌を読む機会を得て良かったと思います。でも、それと食欲は別です。詩を読んで、焼き立ての秋刀魚の匂いに喚起され、食べたくなりました。スーパーの焼き魚コーナーを覗いてみようかしら。
Posted by みやうち at 2019年11月17日 15:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: