2020年01月18日

心の中の娘と共に:(52)

2019年を振り返って
 私の家から電車で片道1時間半かかるところに、87歳の叔母が住んでいます。昨年1月に、部屋の中で身動きできないで、三日もうずくまっていた叔母を発見してから、この一年を妹や姪親子と様子見に通いました。最初は一週一度、その後叔母の息子も顔を見せるようになり、介護も入ってからは、ひと月に一度。その度に叔母の好きな食料を持参しました。毎回掃除をし、12月には、何十年も替えたことがなくて黄ばんだ襖を、量販店から壁紙や両面テープなどを購入して持参し、姪が替える作業を行いました。暗い部屋が明るくなった、と叔母が笑顔を見せました。肺炎や骨折、立ち眩みなどで大変な一年でしたが、一週間前に訪れたときには、家の中をゆっくり歩いていました。この日私の甥が連れて行った、1歳と4歳の子の姿を目にして、本当に嬉しそうでした。

 昨年のことを振り返ってみて、いちばん心が痛むことは、近所に住んでいる姪の子共Kちゃんのことです。
 前回のブログ「Kちゃんは学校へ行けなくなった」は、抑えて、抑えて書いたものです。ブログで詳細や経過を書くには、差しさわりがありすぎました。昨年4月に三年生になったときから、Kちゃんの苦難が始まり、今に至るまで状況は変わりません。勉強は家で姪が教えています。今月初めには、わが家でKちゃん親子と、冬休みの宿題を終わらせました。算数は姪が、国語は私がみました。そして三学期の初日、Kちゃんは学校へ宿題を提出しに行ったかどうか……。(後日、やはり登校できなかったと聞きました)
 Kちゃんは、一週に一度は、わが家に遊びにきます。お母さんに言えないことも私に話してくれることがあります。ある日こんなことを言いました。「お母さんには言ってないけど、Kちゃんは自殺しようと思って、友達と場所を探して歩いたことがあったの」と。その話は私の心を突き刺しました。私は、生きたくとも生きられなかった娘バルの話をして、「大好きなバルちゃんが亡くなって、私はとても悲しくて、生きているのが辛かった。もしKちゃんが自殺したら、Kちゃんのお父さんとお母さんがどんなに悲しむことか。そしてKちゃんを大好きなすずちゃん(私の妹で、Kちゃんの祖母)も私も、とても悲しいよ。Kちゃんは周りのみんなから愛されていて、幸せな子なのよ。バルちゃんは亡くなる一週間前まで、歩けないのに歩こうと頑張ったの。生きていてまだまだやりたいことがたくさんあったの。でも生きられなかった。Kちゃんもやりたいことがあるでしょう?Kちゃんを大好きだったバルちゃんのためにも生きなくちゃね」、と話しました。命の大切さをこれからも機会があれば話していこう、と思いました。春がきて、4年生の新学期が始まったら、Kちゃんが学校へ行けることを、心から願っています。

 4月からはボランティア団体に参加させて頂き、外国人に日本語を教えるようになりました。ボランティアの活動は一週一回です。ここではマンツーマンで、一人の学習者に一人のボランティアが相手をしています。
 初めての経験で、戸惑いもありましたが、あちこちで開催されている日本語教師のセミナーを受講するなどして、学びながら何とか続けられそうです。詳細は今後のブログで取り上げたいと思います。

 10月18日は、娘の三度めの祥月命日でした。娘を思って泣かない日はないのですが、それでも少しずつ、過ぎゆく「」に癒されているように思います。

 昨年読んだ本は、図書館から借りた本が265冊、自分で購入したり友達から借りた本が56冊、計321冊でした。Kちゃんのこともあって、学校問題を扱った本も何冊か読みました。その一冊、『モンスターマザー』は、学校のいじめが原因で息子が自殺したと訴え続けた母親が、実は加害者だった、という内容でした。私には、本当に学校側には責任が無かったのかどうかは読んだ限りでは判断がつきませんでした。
 これまで、私には縁の無かった、小学校というところを垣間見たら、多くの問題が重なり合って崩れ落ちそうに見えたのは、私の弱くなった視力のせいばかりではない気がします。

 2010年3月から始めたブログも、3月で10年を迎えます。こんなに長続きしようとは、始めた頃には思ってもみませんでしたが、書くことが好きな自分を発見したこともあり、今では読書、麻雀、ヨガに続く趣味としての位置を占めるまでになりました。
 これまで書いたブログは210篇。昨年は21篇書き、年間アクセス数16351、訪問者数9321人でした。読んで下さる方の存在が、書き続けることへの、何よりの励ましとなっております。
 ありがとうございました。そして今年もよろしくお願いいたします。

(2020年1月18日)

 
posted by ジャン吉 at 10:15| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
10年間続けてくださってありがとうございます
真摯に生きている貴方に乾杯!
Posted by みやうち at 2020年01月22日 18:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: