2020年07月11日

心の中の娘と共に:(59)

ワイヤレスマウス
 同じメーカーの同じシリーズと思い、選んだパソコンですが、付属のマウスがワイヤレスでした。ひも付き(?)ではなくなったので、パソコンの周りもなんとなくすっきりした感じです。それに、新しいパソコンは機能がアップしていて使い勝手もよく、嬉しくて、毎日朝9時から夜の9時ぐらいまで、食事と散歩以外には、だいたいパソコンの前に座っていました。新しい玩具を買ってもらった子供と同じですね。それが、一週間ほど過ぎた頃、突然マウスが動かなくなったのです。あわてて以前のひも付きマウスに変え、ネットでワイヤレスマウスの故障について調べて、指示通りにやってはみましたが、動きません。仕方なく、その後もひも付きのマウスを使っていましたが、心の中では、「なんでこんなに早くダメになるの?」と嘆きつつ。
 数日後、水を届けに来てくれた姪に、マウスが動かなくなったことを話すと、「電池切れじゃないの?」とのこと。「まさか、まだ一週間ぐらいしか使ってないのに」と私。結果は電池切れでした。姪の話では、付属のマウスはマンガン電池で、裏側にスイッチがあり、使わないときには切っておかないと、あっという間に電池がなくなるということでした。そこで、少しでも長持ちするように、アルカリ乾電池に変えたのですが……。

 昨年初め、一人住まいの87歳の叔母の家を何十年ぶりかに訪れたときに、「リモコンが壊れて、五年前からテレビが一局しか映らない」と叔母が言いました。同行していた姪がテレビ本体のチャンネル切り替えボタンを動かしたら、他局も映りました。「もしかして、リモコンの電池が切れているのでは?」ということで、電池を変えたら問題解決。「これで好きな番組が見られる」と叔母も大喜びでした。
 今回のマウスの「電池切れ」は、気づかない点では、叔母の状況と同じようなものです。叔母は87歳ですが、私は77歳。五年も気が付かなかった叔母に比べて、私は十日ばかりで解決したのですが、どちらの問題も、若い姪の登場によって即解決したのは、年齢差と思っていいのかな、と思いました。年齢差の意味するところは、叔母や私たちの時代と異なって、姪の時代には、電池製品があふれていて、電池の知識も経験も豊富なので、当たり前に即解決に至ったのではということです。
 それにしても、使用する機器によって、電池の消耗がこんなに早いものもあるなど、思ってもみませんでした。77年生きていても、毎日が学びの日々なのですね。
 結局、アルカリ電池に変えてもひと月と持たなかったので、私の新しいパソコンはひも付きの古いマウスに落ち着きました。

蝿とりクモの生態 
 昨年の9月、わが家に新しいクモがやってきました。妹の家にいた「チャスジハエトリ」という家グモを、妹が捕まえてきてくれたのです。以前わが家に住んでいたのは、アダンソンハエトリグモという黒っぽいクモでしたが、今度のクモは茶色で小さなクモです。二種類のクモと同居してみて気づいたことがあります。
 以前のアダンソンハエトリグモという黒っぽいクモは、クモの巣を張らないので、エサを求めて壁や天井を歩いていました。私がテーブルに座っていると、傍まで寄って来て、逃げようともしませんでした。いつも姿を見ていると親しみも湧き、「あ、いるなあ」と、なんとなく安心もしていました。
 ところが、昨年妹が連れてきたチャスジハエトリクモは、わが家に来てから、一度も姿を見せていないのです。それでも、家具の隙間などに小さなクモの巣を張っているので、わが家に住んではいるのです。クモの巣にエサが引っかかるのを待つ習性のようです。それに、粘液(?)でしっかり固めた5〜10ミリぐらいの細長いごみも、ときどきあちこちに落ちているのですが、以前は無かったことですので、これも姿なきチャスジハエトリの仕事だと思います。ということは、私は姿を見ていないのですが、案外歩き回っているのかもしれません。
 同じ家グモでも、こんなに違う生き方をするとは驚きでした。私は、どちらかといえば、姿の見えるアダンソンハエトリグモの方が、好みと思いました。姿が見える方が存在感もあり、見れば言葉もかける気にもなります。心の中の娘に話しかける毎日ですが、姿の見えるものにも話しかけることができれば、一人住まいの私の心の淋しさが少しは和らぐというものです。

(2020年7月11日)
posted by ジャン吉 at 12:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: