2020年12月05日

心の中の娘と共に:(64)

 漢字は、覚え違いも読み間違いも当たり前
 あるところで、漢字を読めなかった麻生太郎議員が話題になっていました。私は、時代劇以外はほとんどテレビを見ないので、首相が菅義偉に代わったことも知らないでいたほどです。ましてや、麻生議員の漢字読み間違いが話題になっていることなど、知る由もありません。
 それでも、「漢字の読み」については、もともと関心があったので、帰宅してから、麻生議員が読み間違えたといわれている漢字をネットで調べてみました。
(1)怪我−かいが (2)完遂−かんつい(3)焦眉−しゅうび
(4)順風満帆−じゅんぷうまんぽ(5)措置−しょち(6)思惑−しわく
(7)低迷−ていまい(8)破綻−はじょう(9)頻繁−はんざつ
(10)踏襲−ふしゅう(11)前場−まえば(12)未曾有−みぞゆう
(13)有無−ゆうむ(14)詳細−ようさい
 これらの漢字のほとんどは、普段言葉として、誰でも使ったおぼえがあることと思います。でも、言葉として使ってはいても、いざ漢字で書けと言われて書ける人は、そう多くはいないと思います。
 読みのほうも、読み間違い易い漢字が多く、読み間違えたからといって「漢字が読めない人」と、一括りにするとしたら、日本国民の多くが「漢字が読めない人」となってしまうのではないか、と思いました。そうなれば(大げさに言えば)日本の教育界をも巻き込む大きな問題となってしまうのではないかとも思いました。
 あるとき、習い事で知り合った五十代の人に、「図書館の仕事をしていたと聞きましたが、本の貸し出しですか?」と聞かれました。図書館といえば町の図書館以外、利用したことのない人にとっては、そう思うのは自然だと思います。でも、町の図書館であっても、貸出業務に至るまでの本の流れには、見えない部分に多くの仕事が存在しているのです。
 大学図書館の司書として、私が担当していたのは目録作成です。カタロガー(cataloger)と呼ばれている、仕事人です。
 在職中に、勤務先での図書館月報に、「読み」について私の書いたものが載ったことがあったので、読み返してみました。検索手段としての書名、著者名、地名などの「読み」の正確度を高めるために日々苦労と努力を重ねている様子が伺われ、懐かしく思いました。
 仕事で「読み」の力を鍛えた(?)私でさえも、読み間違えることがたくさんあります。それは、私個人の力不足もさることながら、漢字があまりにも多いことに原因があるのではないか、あるいは日本語の表記システムが持つ複雑さによるものではないか……。などと考えていたら、ブログなどで軽々しく扱う問題ではないのかもしれない、というところに落ち着きました。
 何十年も仕事で利用していた「大漢和辞典(諸橋轍次編)」には、親漢字5万余字、熟語53万余語収録されています。その漢字一字の読みが呉音、漢音、慣用音などがあり、それに国字や、言葉に漢字を当てはめたものなどを含めれば、数えきれないほどの「読み」が存在することになります。それに、読めなくて当たり前のような地名や氏名の存在。

 議員の国会答弁では、他人の作成した文を読むのですから、読み間違えがあったとしても不思議ではありません。麻生議員が幾つかの漢字を覚え間違えていたか、あるいは読み間違えたからといって、笑ったりバカにしたりする人がいたら、それは自身を笑っていることにもなりかねないのでは?とここまで考えてふと浮かんだ言葉が「目くそ鼻くそを笑う」でしたので、思わず笑ってしまいました。こんなことわざしか浮かんでこない、自分を笑ったのです。

近況あれこれ
紅葉
 毎朝ベランダ側のカーテンを開けると、すぐ目の前に広がる小さな公園を眺めます。秋に入ってから、日々紅葉が美しさを増していることに気がつきました。今年は近年にない美しさだと思いました。紅葉は、秋ごろの気候、昼と夜の寒暖の差に左右されると覚えていましたが、確かに、11月に入っても昼暖かくて夜は結構気温が落ちる日が続いています。
 娘バルも、ベランダからの景色が好きで、雪景色や紅葉などをiPadで写しては楽しんでいました。今年の美しい紅葉を目にしたら、歓声を上げて毎日写真を撮ったことでしょう。
                           
(2020年12月5日)
posted by ジャン吉 at 09:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: