2019年07月06日

心の中の娘と共に:(41)

白山神社
 私は、退職してからヨガに通い始めました。運動嫌いでも、少しは日々老いゆく体をいたわる何かをしなければ、との思いで始めたのですが、もう17年目に入りました。
 ヨガ教室は、文京区の白山という町の、公民館のようなところを借りて毎金曜日に開催しています。ヨガは11時半に終わります。終わった後はいつも近くのそば屋「戸隠そば満寿美屋」に寄ります。食べるそばは、冬はきつねそば、夏はもりそばか冷やしきつねそばです。
 6月のある日、いつものようにヨガの帰りに「満寿美屋」に入りますと、結構混んでいたのです。年中金曜日のお昼に寄りますから、だいたい客の入り具合は分かっていました。ところが、この日は何となく雰囲気が違う感じがしました。右隣りの席の、老夫婦が食べているそばを見ますと、天ざるです。平日の昼に、そばを食べにくる夫婦は余り見かけません。ところが、今日は両隣りの席ともご夫婦です。それに、この店でいちばん値の張る天ざるを、左となりの席のご夫婦も注文。ちなみに私は16年以上も、毎週のように寄っていても、いちども天ざるを注文したことがありません。
 一緒にいたヨガの仲間と「いつもと様子が違うわね」と話しました。顔なじみの店の従業員も、立ち話をする暇もなく、忙しそうにしています。入り口付近には待っている人も見えたので、私達も食べ終えるとすぐに席を立ちました。そして外に出ると、その理由が分かりました。すぐ近くにある白山神社で、「あじさいまつり」が行われていて、その流れのお客さんがそば屋に寄ったということだったのです。
 私は、若い頃、職場が近いこともあって、このあたりに10年ほど住んでいたことがありました。近所なので、白山神社の存在は知ってはいましたが、一度も足を運んだことがありません。時代小説を読むことが多くなったこの頃、白山神社もしばしば小説の中に出てくるので、そのうち寄ってみようかな、とは思っていました。
 最近読んだ小杉健治の『遠山金四郎が消える』という小説にも「闇に沈んでいる加賀前田家の上屋敷表門を過ぎると、追分で中山道と日光御成街道とに分かれる。金四郎は左の中山道に入る。白山権現も闇に隠れ、やがて巣鴨を過ぎた。」という場面が出てきます。
 加賀前田家の上屋敷表門とはご存じ東大赤門で、追分は、農学部前にあり、その二手に分かれる道の角には高崎屋という酒店があったと思います。大学は私の職場でしたから、小説の場面もはっきり浮かんできます。追分の左の中山道(旧)を10分ぐらい歩くと、白山御殿大通り(旧)にぶつかります。通りの左側には白山神社(白山権現)が見えます。「戸隠そば満寿美屋」は白山御殿大通りと中山道の交わるあたりの角にあります。

 一緒に食事をしたヨガの仲間に、白山神社に寄ってみたい、と言いますと、付き合ってくれました。
 門から入り、境内のあちこちに咲いている紫陽花を見て回りました。境内が思っていたほど広くなかったのは、意外でした。天歴2年(948年)に、石川県の一宮白山神社から勧請(かんじょう)を受けたといわれるこの神社も、本郷から小石川、そして今の場所に移ってからさえ、400年以上も経ているのですから、狭くなったのは、時代の流れのなかでの結果かもしれません。私が常時見ている嘉永6年板(1853)の『小石川・谷中本郷絵図』(複製)では、白山御殿大通り(旧)に面したところからが、神社の敷地になっているのですが、現在は、大通りからだいぶ奥に入ったところに門があるのです。160年の間にさえ、これだけ狭くなっているのです。ですから、時代小説などで読む白山神社の賑わいは、今の狭い境内に身を置いていては、なかなか想像することは困難です。
 やはり私は、小説の中の白山神社だけを、心にとどめておけば良かったかな?と少しばかり後悔しました。

(2019年7月6日/次回更新予定7月20日)
posted by ジャン吉 at 10:20| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月22日

心の中の娘と共に:(40)

本の書き込み
 昨年読んだ本は308冊。そのうち自分で購入したのが43冊で、残りの255冊は近所の図書館から借りたものです。
 図書館から借りた本は、ほとんどシリーズものですが、汚れが多いことには驚きます。しみ、水濡れ、書き込み、一部切り取りまでありました。
 書き込みで目につくのは、標題紙のところです。本を開いて最初に目につく題名の書いてあるところですが、そこに〇や×印、レ点などが、赤や青のボールペンでしっかり書き込んであるのです。最初この書き込みを目にしたときには、信じられない思いがしました。自分の好きな本を借りて読むのですから、大切な借り物に、消せない書き込みをするなんて、私には考えられないことです。
 いろいろ推測した結果、図書館の利用者は、比較的年配の人が多いことに関係があるのではないか、と言う考えにたどりつきました。私も年配利用者の一人です。その私は、図書館を利用するたびに記録する、小さなノートを持っています。そこには、借りた冊数、作家ごとの何を読んだか、が記録されています。何よりも年を重ねるごとに忘れやすくなって、いちいち読んだかどうか、覚えていないことも多いので、読んだものをまた借りたりすることを避けるためにも、記録は、何年も続けている習慣です。
 書き込みは、年配者が、自分が読んだか読まないかを識別するために、シリーズものなどに付けているのだと思いました。それにしても、図書館の本に書き込むなど言語道断。
 その後、図書館で「本が泣いています」という小さな展示を目にしました。そこに並べられていた本は、破れ、水よれ、切り取り等々。私の目にも本が泣いているように見えました。
 雑誌コーナーに行きますと、書架に「切り取り多数のため 購入中止」という表示が出ているところが二か所。月400円ぐらいの月刊誌を、自分で購入しないで、図書館で切り取って済ませるということは、経済的な理由ではなさそうです。個人の育った環境からの、マナーに対する何かが欠けているとでもいうのでしょうか。
 本を泣かせないためには、どうしたらいいのでしょうか。利用者のマナーの向上しかないとしたら、個人の育った環境、教養や品格に委ねられなければ解決しないとしたら、これはもう、なかなか「本の笑顔」にお目にかかるのは難しいかもしれません。せめて、子供のときから本の大切さを教えていくという、地道な努力が、考えられる最良の道かもしれませんね。

近況あれこれ
Kちゃんからバルへの手紙
 18日は娘バルの32回目の月命日でした。近所に住んでいる姪とその子供Kちゃんが、それぞれ花をもってきてくれました。Kちゃんも今では小学校三年生。「バルちゃんの月命日でしょう」と、覚えてくれていました。そして娘の遺影の前に「バルちゃん元気?天国でもがんばって。こっちは元気だから。Kより」という手紙を置いていきました。これを読んで、私は感動しました。実は進級してから、ずうっとKちゃんは元気ではなかったのです。心痛めることが続いていたのです。それなのに、自分のことは心の中に隠したまま、娘バルには「元気だから」と言っているのです。このことについては、いずれブログで取り上げたいと思っていますが、今はまだ経過を見ているところです。
 Kちゃん、ありがとう。バルも天国からKちゃんのことをいつも見ていますよ。
(2019年6月22日/次回更新7月6日)
posted by ジャン吉 at 12:27| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月08日

心の中の娘と共に:(39)

共通環境 
 ここのところ、東京近郊に住む叔母のところに通っていますが、狭い入り口のあたりに植木鉢がたくさん置いてあるのを目にして、叔母は園芸好きなのだなあ、と思いました。そこからふと思い出したことがありました。
 40年ほど前、この叔母には兄にあたる叔父が亡くなったときに、私は初めて叔父の家を訪れました。都内にあるその家の、小さな庭の片隅に棚が設けてあり、たくさんのサボテンの鉢が並んでいました。それを見た私は、叔父の趣味と知って、驚いたものです。
 でも、今は何となく、分かるような気がします。私も狭いベランダで鉢植えの花や野菜を植えて楽しんでいるからです。そして私の妹も園芸が趣味です。妹は、家を建てるときに、家が狭くても庭が欲しい、と言ったくらいですから、野菜を作り、草木を植えて楽しんでいます。
 私、妹、叔父や叔母は、故郷大船渡の同じ家で育ちました。庭が広く、たくさんの果物の木や草花が育っていました。また、庭の一部は畑にし、野菜も作っていました。叔父叔母にとっては父であり、私達にとっては祖父である「重四郎」という人は、植物の大好きな人でした。花も好きで、庭には季節ごとにたのしめるように、いろいろな種類の花を植えていました。
 そんな実家を共通環境として育った叔父や叔母、私達姉妹が、園芸という共通趣味を、都会の片隅で細々と続けることは、自然の成り行きだったのかもしれません。
 わが家のベランダでは、花の他にセリ、ニラ、パセリが育っています。昨年の今頃、娘の歌の友達から頂いた、鉢植えの紫陽花も咲き始めています。
 こんな小さな「庭」でも、遠い昔の実家の庭を彷彿させます。

近況あれこれ
昔小学生の思い
 Kちゃんから「見に来てね」と誘いを受け、今年も運動会を見に行きました。幼稚園に入った年から数えてKちゃんの5回目の運動会です。
 幼稚園での最初の運動会は、娘バルと一緒に見に行きました。運動会の行われる場所は、小学校の校庭ですが、幼稚園の頃もここでしたので、娘と一緒に見た、最初の運動会をいつも思い出します。
 今年は暑い日でしたので、テントの下の敬老席に座ろうか、と思ったのですが、もういっぱいでしたので、持参した腰かけで、それでもテントの下に陣取りました。
 三年生のKちゃんが参加した種目は、「綱引き」と「輪」と「短距離競争」の三つです。80メートルを走る短距離競争のときには、私は場所を移動し、Kちゃんに声がとどくように、大きな声で応援しました。
 「輪」は、三年生全員で、身の丈ほどもある大きなフラフープを、自在に操りながら踊るものでした。私はその見事さに感動しました。短期間にこれほどの技を身に付ける子供の能力の計り知れない可能性と、それを指導した先生の、両者に感心と感動を覚えました。
 そしてなにより、生徒の席はもちろんのこと、騎馬戦さえも男児女児混合だったことに今更ながら気づき、感心しました。礼記の、「七年男女、不同席(男女七歳にして 席を同じゅうせず)」を思い浮かべる私に、私自身が「古い!」と声を上げていました。70年前に小学生になった私です。今の小学生を見ていますと、感心というよりも、感無量とでも言った方がぴったりだと思いました。
(2019年6月8日/次回更新予定6月22日)
posted by ジャン吉 at 09:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする